「そんなに! 実は今も三十九度九分の高熱があって、事情を聞いたら朝から熱があったって言うの。みんなに移すと悪いから、帰ってもらって欲しいと強子ちゃんに頼んだら、皆勤賞が懸かってるから帰らないって言うのよ」

「姉の言いそうなことですね」

 苦笑するしかない。

「遅刻した理由は、お姉さんが熱を出したからなのね?」

 確認するように私の担任が言う。

「端的に言うと、そうです」

「親御さんに電話したら迎えにいらっしゃると仰ってたんだけど、強子ちゃんをこのまま帰して、いいかな?」

「はい。私一人で大丈夫です」

 即答。

「みわわひどい~。私を見捨てるのね~」

 先生の前だから強子姉は控えているが、きっと二人きりだったら、もふもふした挙句に、駄々を捏ねていた。

「違うってば」

「あはは、強子ちゃんは、妹さんがきっと大好きなのね。親御さん、お父さんのほうかな? あと十分で来るそうよ」

 先生は穏やかだ。

「美和も帰るんですか?」

 顔を輝かせて強子姉が言う。

「残念だけど、美和ちゃんは病気じゃないから、帰れないのよ」

 私の担任が言った。

「そんな! もし下校中に何かあったら、責任を取ってくれるんですか? 美和はまだ小学三年生なんですよ? 小さい子が襲われたら、どう責任を取ってくれるんですか」

 大げさな。と私が思ったとき

「心配しなくていいですよ。集団下校しますから」

 私の担任が言った。

「美和ちゃんの心配は、しなくていいですよ」

 強子姉の担任が答えた。

「じゃあ私、保健室の先生に言いに行きますから、強子ちゃんは帰る支度しててくださいね」

「わかりました」

 強子姉は明らかに元気をなくしたのかふくれっ面だ。

「じゃ、美和ちゃんは教室に戻りましょうね」

「お姉ちゃん、安静にしててね」

「みわわ~」

 学校でなかったら抱きついて「みわわ~看護して~水飲みた~い、本読んで~」とか言ってたに違いない。

 学校もいい判断をしてくれたものだ。

 教室に戻ると私は窓の外を見た。

 数分が経ってから車が校門に停まった。

 父の車だった。

 黒色の車。特徴なし。

 あれがベンツやクラウンだったらいいのに、と思う。

 強子姉が校医と出てきて車に乗せられていた。

 強子姉がふと、こちらを向いた。目が合った。

 なにか口をパクパクさせていたけど、なんて言っていたのだろう。

 さて、下校時間になった。

 私たちは、近所の珠理ちゃんと遥ちゃんと一緒の班の北区一で、集団下校することになった。

「あれ? みわわのお姉さんは?」

「早退したよ」

「え? 強子さんが!?

 珠理ちゃんも遥ちゃんもありえない、という顔をする。

「あんな風邪ひかなそうな人が?」

 バカは風邪ひかない、ってところか。

 遥ちゃんがしまった、と口元を抑えた。

「違うの。そういう意味じゃないの。強子お姉さんは、元気で、優しくて、頭もいいし、なんといっても超可愛いじゃない。そんな強子さんが風邪ひくなんて大変だなって」

 言いたい意図は、わかった。

 幼なじみの親友だもの、強子姉がタフなのは周知だ。

 遥ちゃんちで別れてから一人になる。

「ただいまー。強子姉、いるー?」

「いるいるー!」

 上からドタドタ階段を降りてくる音がした。

「ちょっと強子姉、起きてきて大丈夫なの?」

「大丈夫、大丈夫。お父さんから解熱剤を飲ませてもらったから」

 嬉しそうにフラダンスを踊っている。

「みわわ~、お姉ちゃん寂しかったのよ~、わ~か~る~?」

 またいつもの調子で訊いてくる。

「そのフラダンスやめて。もふもふさせてやらないぞ」

「いや~ん。も~ど~る~。みわわったら冷た~い」

 私は二階に上がった。

「強子姉、部屋入るよ」

 嬉しそうな強子姉の返事のあとに入ると、部屋の真ん中でフラダンスを続けていた。

「強子姉! 熱測った?」

「まだ」

「とにかくベッドの中入って!」

「ひどいわ~。私、みわわが心配で帰るところ窓からずっと見てたのよ~」

 ストーカーかよ。

 フラダンスをしながらまだ喋る。

「ちょっと強子姉、いい加減ベッドに入って! 本気で怒るよ!」

「みわわがいじめる~」

「いじめてない!」

 強子姉はベッドに入った。

「はい! 熱測る」

「はーい」

 強子姉に体温計を渡す。